過払い金請求は弁護士か司法書士か

MENU

弁護士も司法書士もどちらも行うことはできるけど・・・

司法書士

 

過払い金の請求は、書類をそろえたり、場合によっては裁判所に出向いたり。

 

慣れない方には大変な作業ですから、法律の専門家に任せると何かと安心です。過払い金を扱っている法律事務所は、「弁護士」がやっているものと、「司法書士」がやっているものとがありますが、違いはあるのでしょうか。

 

弁護士も司法書士もどちらも法律の専門職ですが、司法書士は、登記の手続きを行ったり、官庁に提出するさまざまな書類を作成するのが本来の業務です。そのため、法律の業務についてはいくつかの制限があります。

 

一方、弁護士にはそうした業務上の制限はなく、貸金業者との交渉や法務の手続きの代行、訴訟の際には依頼主の代理人として法廷に立つなど、ほぼすべての業務を行うことができます。

 

こうした手続きは司法書士も一応、行うことができます。ただし、借金と過払い金の総額が140万円以下の事案でないと、扱うことができません。この場合に司法書士に設けられている制約は、基本的に金額の制約なのです。

 

過払い金の額が正確にわかっていて、負債の総額(借入金+過払い金)が確実に140万円以下ならば、問題がありません。でも、過払い金の額を確認するところから依頼した場合は問題が生じることもあります。つまり、調査の結果、負債総額が140万円を超えていることが判明したら、その時点で司法書士は業務を続けることができなくなってしまうため、契約を一旦打ち切り、別に弁護士を探して依頼しなおす、という二度手間を踏むことになってしまいます。

 

また、金融機関が返還に素直に応じず、訴訟を起こした場合も、弁護士は基本的に法廷に立つことができますが、司法書士の場合は法務大臣から認定を受けた、認定司法書士でないと法廷には立てませんし、認定司法書士であっても上級裁判所には立てません。まあ、過払い金の訴訟が簡易裁判所より上に上がることはないと思うので、これはあまり問題にしなくてもよいかもしれませんが。

 

このように見てくると、特に過払い金の額が大きくなりそうな場合は、弁護士に依頼した方が、スムーズに処理できるようですね。